Home > Football Manager2011 Archive

Football Manager2011 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

J1用、3Dユニホーム

 とりあえず今回は、J1所属の18チーム分の3Dユニホームを作成してみました。3D作る過程で2Dの修正点を見つけたので、後日改めて改正したものをアップしたいと思います。
 2Dに比べて3Dは、ゴール前付近でのフリーキックカメラアングル以外はいまいちパッとしないんですよねぇ・・・。2011に比べたらよくはなってきていますが^^;

 実は3Dの前に地方リーグ用の2Dを作ろうかと思いましたが、資料があまりに少ないので挫折してしまいました^^;
地方は頻繁にユニホームが変わるわけでもなさそうなので資料がそろったやつからぼちぼち作っていこうかと思います。

好きこそ物の上手なれ

連休と言う事で久しぶりに更新・・・すでに連休終わってるけど

前回お話したアドボード作成もあるものを心待ちにしながら、J1~JFL(56チーム分)の作成がやっと完了し、試しに導入して数試合ニヤニヤしながら観戦... やはり、あるのとないとでは雰囲気もやる気も違ってくるんですよねぇ~。

そして5月1日、待ちに待ったじほーくさん主体の11.3対応のJパッチがリリースされました!
今回のJパッチはそのデータ量からしても本当にすごいんですよねぇ。

その内容は、J1~地域リーグ2部 + 高円宮杯が実装されており、実質5部リーグ構成。
さらにはJ1~JFLチームに所属する監督、コーチ、選手全員の経歴データとフェイスパック、極めつけが3Dユニフォーム(J1~J2)、アドボード(J1~JFL)まで付いてあるという豪華版。
+αで私お手製の2Dユニフォーム(JFLのみ)も掲載させてもらいました(^^;

ここまで膨大で素晴らしいJパッチをを作成して頂いた、じほーくさん、でんぼ~さん並びに有志の方々にはこの場を借りてお礼申し上げます。 本当にお疲れ様でした!
という事でこれを使って連休は思いっきり楽しませてもらいました!

- 蛇足 -
今回のアドボード、ユニフォーム作成で画像編集に楽しみを見出してしまい、FM2012に向けての予行練習も兼ねて、合間を見て現在、J1~J2用2DユニとJFLよう3Dユニ作成を開始中ぅ。
つたないものですができたらじほーくさんのとこに投稿するか、ここで公開してみようと思います。
JFLの2Dユニも編集ソフト触りたてで雑だから時間あったら作り直したいなぁ・・・。

smp

転んだ先で拾いもの

進行中のセーブデータが壊れるアクシデントに見舞われました il||li _| ̄|○ il||l
やっとシーズン終盤のJ2昇格プレイオフマッチ開始直後までこぎ着けたのに・・・。

夏移籍シーズン開始時のセーブは取ってあったもののすぐにはやる気が出るわけがなく、気分転換に何気に行きつけのFM掲示板を覗いたら思わぬ情報を入手~。

それは・・・

試合を3Dでみる際にピッチを囲むようにして配置されてるあのスポンサーボードを変えられる方法があるんです!
「SEGA」、「football manager」とかのボードは嫌いではないですが毎試合見てるから飽きてくるんですよね(^^;

情報をもとに導入して確認してみたところホントにスポンサーボードが変更できてた!
どうやら各チーム毎(ホーム戦)にも設定可能のようで・・・これはすごい。。

じ○ーくさん、情報ありがとぅ~!
>>アドボードパッチ<<



因みにこのパッチでは主要ヨーロッパリーグ、カップ戦は導入されているものの、JリーグはJ1のみ・・・まぁ当然ですね。

ここまで出来るならJ2以下のリーグ戦、主要カップ戦などを作成導入しいと思うのは当然なわけで・・・
とりあえず現存するJ1を使ってプログラム解析して独自のJ1用スポンサーボードをつくってみた。

00

ちゃんと反映されてる・・・テンション上がってきたぞっ! d(*・ω・*)b♪
その勢いに乗ってFMプレイそっちのけで各ボード作成に没頭してたら土日潰れちゃいました (^v^;

蛇足ですが、ボード表示優先順位があり 『 チーム > 選手権 』 となっているようだ。
例えるなら、チーム毎にボードを設定した状態で天皇杯に挑んだ場合、中立地帯で行われる決勝戦以外の試合はホームチーム側のボードが表示されるわけだ。

これがホーム&アウェイ方式のJ1リーグ等だと中立地帯での試合がないわけだから各リーグボード設定しても意味がなくなるわけで、まぁそれはそれで良いんだけど・・・ (A;´・ω・)フキフキ

とりあえず途中からでも導入も可能なのでじっくり考えながら作って行こうかな~



【 今日の教訓 】
FMセーブ中は何も触らないように~。特にソフトの更新アップデート完了ウィンドウ (自動再起動付き) には注意を!

2010シーズン 第2回 いきなりコケるのはお約束?

いよいよ、シーズン開幕~。
序盤は勝利を重ねて勢いをつけたかったのですが見事に転びました・・・。

開幕戦のArte高崎戦はJFLでも中段チームだけあって拮抗した内容だったし、Away戦での1-1というスコアは上出来だったのだが、次ぐ第2節以降がひどかった(-_-;)

HomeにSony仙台を迎えての一戦だったのだが見事なまでに守備陣が崩され4失点で大敗。。
第3節では格下チームであるはずの長野Parcelroに終始ボールを支配され、前後半合わせて3失点で敗北・・・。

次戦から相手FWにはこれまでのゾーンディフェンス(チーム指示)はそのままに、センターバック二人にマンマークで張りつかせるなどの微調整を施したかいもあって多少の改善はみられたものの、相変わらずボールは支配され気味だし・・・守備陣は噛み合いが悪く、相手攻撃陣に押し込まれるケースが多く、Honda FC戦では相手のオウンゴールで手に入れた1点を守りきって勝利するも、MIO琵琶湖戦では3失点で敗北と、攻守共に無残な結果に(´Д⊂

《 試合結果 》
第1節 A 1-1 (vs Arte)
第2節 H 0-4 (vs Sony)
第3節 H 0-3 (vs Parcelro)
第4節 A 1-0 (vs Honda FC)
第5節 A 0-3 (vs MIO Biwako)

スタメン選手の能力は悪くない・・・それどころか優勝候補に上げられるだけあって、同リーグ内だけでいえばトップクラスの選手を抱えているわけで・・・明らかに監督の采配が悪いんですよねぇ(;´Д`)

戦術は前回プレイしたAtalantaチーム(セリエA)の4-4-2(ゾーンディフェンス)を流用しているんですが、どうやらそのゾーンディフェンスが機能していないように見受けられるんですよねぇ。。
戦術というよりはチームワーク(連携)が上手く行ってないのかなぁ?

んと・・・戦術とチームワークの違いを大まかに例えるならボールをもった相手選手を囲むようにして複数の味方選手が位置につく事(ゾーンディフェンス)が戦術で、囲んだ状態から相手選手に挑む者と包囲網を維持カバーする者とに分担しそれを暗黙のもとに行うのがチームワーク(連携)・・・と解釈。

それに対しうちの守備陣はというと・・・

・ボールをもった相手選手に複数で取り囲む動きを見せる
      ↓
・その後は挙動不審な動きをするだけで一向に包囲を縮め様としない(もちろんプレスは積極的に設定)
      ↓
・その間をドリブル突破されたり、逆に1人の選手を包囲したがために他選手がフリーになり
 容易にパスが通りそこからシュートまで持っていかれる。

能力をのぞいてみてもチーム内のチームワーク能力は数名を除いて10を下回っているのが実情なわけで・・・。

思えば・・・今まではヨーロッパトップリーグの2部、3部を中心に監督を務めてきた事もあり
この能力が10を下回る選手はまれだったため、初期の戦術理解能力が低くてもチームワークで補ってたんだろうなぁ(;´Д`)

ということで・・・第6節からはチーム指示をマンマークに変更してみると守備陣は個々に相手選手をマークする事で挙動不審な動きが減り安定した守備がおこなえ、それに連動して中盤での支配率も改善し前線へのボール供給率が上がる事で得点チャンスがが増るなど、5試合で4勝1引分(6ゴール、2失点)と目に見えて改善されたヽ(´ー`)ノ

上記に加えてフォメもDMアンカ―を配置した4-4-2ダイヤモンドに変更したのも大きいのかなぁ。。

教訓・・・チームワーク能力の低い下位リーグではマンマーク(チーム指示)のほうが守備は破たんしないかも?

2010シーズン 第1回 一からの挑戦

3月初頭、待ちに待った11.3パッチがきた~!
今やってるのも丁度シーズン終了させたし…なにより前回Jリーグ導入してなかった事だしこの機会にやり直す事にした。
因みに前回はイタリアのAtalanta(開始セリエB)で3年間プレイし、1年目でセリエAに昇格(最終順位2位)。
2年目は強豪チームの不調にも助けられてシーズンを3位で終えてチャンピオンズリーグ出場権を獲得!
翌シーズン国内リーグでは、序盤上位をキープするも、強豪チームの復活とともに順当(?)に順位を下げて最終的に7位でシーズンを終えた。チャンピオンズリーグでは2位でグループステージを突破するもトーナメン初戦で恋焦がれているshalke(ドイツ)と対戦し、ホーム2-1、アウェー0-1とアウェー得点方式でおしくもベスト16止まりだった…。

今回はせっかくJリーグも導入した事だし、JLF(3部)からの成り上がりに挑戦。
選択したのはこのチーム!

FC町田ゼルビア
Machida Zelvia

本 拠 地 : 東京都 / 町田市
愛   称 : ゼルビア
主なタイトル
関東1部リーグ(4部) 優勝2回 (2007 2008)
-----------------------------------------
2008 関東1部リーグ(4部) 優勝
2009 JFL(3部)        6位
2010 JFL(3部)        3位
-----------------------------------------
※Wikipediaより抽出 詳細は⇒こちら

早速チーム状況を把握に務める……JFLでは財政的にもトップ5に入る事だけあって十分戦力はそろっている模様とりあえずチームを支えてくれそうな大黒柱はいるので現状の戦力で様子見みて夏移籍市場で動く事にしました~。
とはいえ不安があったので、チュニジアリーグからベテランを1名スカウト。。
以下は主力選手と戦術フォーメーション等の概要。。


・大黒柱となる(なりえる)選手
------------------------------------------------------------------------------------------------------
(DC) Kazuki Tsuda (日本/28歳)・・・守備陣の要でありキャプテンとしチーム内の統率に期待
(DM) Kai Miki (日本/17歳)・・・守備⇔中盤の繋ぎ役として今後に期待がかかる有望若手
(ST) Dragan Dimic (セルビア/29歳)・・・チームの点取り屋。勝利をつかめるかはこの選手のでき次第!

↓移籍市場で獲得↓
(DM) Faycal ben Ahmed (チュニジア/37歳)
------------------------------------------------------------------------------------------------------
・戦術フォーメンション
Formation2010
下位リーグでけあってチーム間の戦力はほぼ拮抗しており、様子見も兼ねてメインにオーソドックスな4-4-2、サブに守備気味の4-4-2ダイヤモンドを採用。

これが吉と出るか凶と出るか・・・ゲームとはいえシーズン前はワクワクするんですよねぇ (^^

Index of all entries

Home > Football Manager2011 Archive

タグクラウド
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。